戦争が憲法を制圧した空間

「日米安保戦略会議」での兵器見本市

 2005年11月10・11日、憲政記念館の「憲法50年記念ホール」にて

写真1

 海上配備型迎撃ミサイルSM3(実物大)
※右がブロックT
 左がブロックU(次世代型)
 (レイセオン社)



写真2

 ロッキード・マーチンの地上配備型迎撃ミサイル(実物大)
 上がPAC3
 下がサード(THAAD)



写真3

 日本への輸出も狙われているロッキード・マーチンの最新鋭戦闘攻撃機F/A−22ラプターのコックピット模型に座り説明を聞く井上喜一(自民)議員



写真4

 日本へも開発費分担が打診されている空中配備レーザー戦闘機(ABL)をPRするボーイングのブース


写真5

 ノースロップグラマンが開発中の次世代弾道ミサイル追跡衛星STSS



写真6

 ボーイングの幹部と談笑するウィリアム・コーエン前国防長官(左)
※下は海上配備型早期警戒用「Xバンドレーダー」模型



写真7

 岡部いさく(左:軍事評論家)らと談笑する石破 茂(元防衛庁長官)



写真8

 戦略会議のパネル・ディスカッションで居並ぶ新・国防族
 左から石破 茂(自民)
     佐藤茂樹(公明)
     長島昭久(民主)
※司会は宝珠山昇


写真9

 日本の「死の商人」=軍需産業の面々
 左から西山淳一(三菱重工)
     堀川英嗣(川崎重工)
     山下 守(日本電気)


その他(The-Others)へ

サイト・マップ(Site-Map)へ

トップページへ